過払い金と取り戻す方法


過払い金は、借金をしたさいに支払う利息を多く支払ってしまったお金のことを指します。

過払い金は払い過ぎたお金であり、取り戻すことが可能なお金になります。

過払い金が発生しやすいものとしては消費者金融があり、特に2010年以前まで存在したグレーゾーン金利が認められていた時代において借り入れていた場合には、ほとんどのケースで過払い金が発生しています。グレーゾーン金利は、出資法を根拠に金利を設定したものであり、この場合には2010年以前であれば最大29.2%の金利が設定されていました。

しかし、実際には遵守すべき金利は利息制限法による金利で、この場合には10万円以下であれば年20%、10万円以上100万円以下であれば年18%、100万円以上であれば年15%と定められておりこれを超え、出資法上限の29.2%までの金利をグレーゾーン金利と呼ばれており問題となっていましたが、グレーゾーン金利が違法であるということが裁判所で認められ、また法改正によって出資法による金利も年20%に引き下げられたことにより、現在はグレーゾーン金利は存在していません。

過払いの返還情報に精通したサイトです。

一方で、発生した過払い金を取り戻す方法としては、まずは借り入れ履歴を取り寄せて再計算することで行うことができます。



このさいに個人が訴えることも可能ですが、実際に取り合ってもらえるケースはほとんどなく弁護士や司法書士に仲介を依頼するのが一般的な方法になります。



なお、このさいに手数料として取り戻したお金の2割程度を支払う必要があります。



Copyright (C) 2015 過払い金と取り戻す方法 All Rights Reserved.